ヴァシリの寝言

QuestNotesや片道勇者、ボードゲーム、読書関連の公開・保管場所です

片道勇者オンライン ヴァシリの旅路(四週間目)

キャラクターシート
 PC名:ヴァシリ
 所 属:北大陸
 クラス:冒険家
 種 族:人間
 年 齢:30歳
 性 別:男
 LP:16 DK:13 伝説P:65
 所持オプション:《開錠》《仲間:病んだ恋人》

  f:id:qn-kata:20160623160313j:plain

聖なる神殿を探して旅を続ける。

 

【22日目】
ヴァシリはひたすら氷の遺跡を進んでゆく。果てしない空の下、極寒の空気が肌を刺す。だがそれでも今が穏やかな時間には変わりない…。

闇の女王とその眷属との遭遇で、私の身体は不可逆的な傷を負っていた。
怪我と疲労、ついでに言えば私を労わるファラの言動が行軍速度を大幅に減少せしめ、
漆黒の絶望との距離は思いの外短い。
大陸と共に喰われゆく世界の真理を想って焦燥は募るが、
今は前に進むしかない。

 

【23日目】
ヴァシリは氷の遺跡にじっと立ち尽くしている人物を見つけた。
よく見ると…立ったまま凍っている少女だ!鎮魂の祈りを捧げ、先へ進む…。

風が弱まった間隙を利用して闇からの距離を稼ぐ。
好天で発達した樹氷が林立したエリア、その一本に違和感を覚えて近づいた。
ロザリオを握りしめて固まる少女。
この旅中何度も見た美しい凍死者に深い感慨を覚えることはできず、
私達は形式的な祈りを捧げてその場を後にした。

 

【24日目】
ヴァシリとたまたま同行していたクールな半獣人が目の前で突然、獣と化し、襲いかかってきた!
⇒逃げる。

私達は半獣人の戦士を道連れに氷原を進んでいる。
巨大な熊に襲撃された時、駆けつけて生命を救ってくれた男だ。
その獣化は既に手の施しようがないところまで進んでいた。
彼が後背で人ならざる者の声を発した時、
私はその新たな人生の幸せを祈りながら、ファラの手を引いた。

 

【25日目】
ヴァシリは遺跡の奥でイカしたガイコツの群れが宝を守っているのを発見!
⇒戦わず取れる宝だけ回収する。

 

【26日目】
ヴァシリは、炎を吐く雪原クマの群れが少女を襲っているのを目撃!
⇒逃げる。

 

【27日目】
ヴァシリは凍った湖で突然、猛吹雪に襲われた!
避難した場所で吹雪がおさまるのを待つ。

 

【28日目】
ヴァシリは吹雪の中、幸いにも小屋を見つけることができた。
ウトウトしている最中、君は倒錯気味な男性の夢を見た…。

 

【29日目】
奇跡だ!ヴァシリは湖の中に聖なる遺跡を発見!
極寒の水中に潜り込んで宝箱を開け、《伝説の武具》を取得。

祠や廃墟で見つけた文書、北大陸の旅で出会った勇者達の伝聞を元に
聖なる神殿の場所を突き止めた。
暖かいキャンプを用意した後、覚悟を決めて遺跡へと続く氷の隙間を潜る。
湖底に安置された箱を開け浮上した私が感覚のない右手で握っていたのは、
蒼白の光を放つ聖剣だった。

 

 

【四週間の冒険を経て…】
 PC名:ヴァシリ
 所 属:北大陸
 クラス:冒険家
 種 族:人間
 年 齢:30歳
 性 別:男
 LP:6 DK:8 伝説P:70
 所持オプション:《伝説の武具》《仲間:病んだ恋人》

湖底の神殿で伝説の武具「聖なる月の剣」を入手した。
これを手入れし、体調を整えたら、地下迷宮に挑戦したいと考えている。